保護者が共働きの家庭が増えて目黒区では、区立と民営の学童保育クラブがあります。対象は小学校1年生から3年生までになっています。平日だけではなく、夏休みなどの長期休暇も預かってくれますから、働く保護者は安心して仕事をする事が出来ます。もし学童保育がなければ、小学校低学年の子供に家の鍵を持たせ、家で保護者の仕事が終わるまで留守番をしていないといけなくなります。保護者にとっては、それでは安心して仕事をする事が出来ません。そんな働く保護者のためにあるのが学童保育です。宿題もその保育の時間に済ませる事が出来ますし、その後は自由に遊んだり曜日ごとに決めた遊びを行っていたりします。それぞれの保育をする場により違いはあります。子供を狙った犯罪などが多い現在、働く保護者を支援するシステムを利用する事で保護者は安心して仕事をする事が出来ます。

都内、目黒の学童はバラエティ豊富

小学校に入るとともに、問題になるのが子どもの学童ですね。小学校は低学年のうちは特に、授業の終わる時間が早いから、保育園時代より夕方の時間の過ごし方が難しいです。放課後に子ども達が安心して過ごすためには、学童と言うものがなくてはならない存在です。特に、都内の目黒はバラエティ豊富な場所が多いそうです。習い事の一貫のような特色があります。これからのグローバル化に備え、そこにいる間は遊びでも勉強でも毎日の英語だけを使う場所があるそうです。英語を習い事に行かせると、また別の時間を取らなくてはならないですね。親が仕事をしている時間を有効に使えるならば、とても魅力的な環境になります。何より英語は慣れですから、しっかりと慣れ親しみ身に付けられたら良いです。これから小学校でも英語教育が盛んになるので、魅力的です。

目黒区の学童保育クラブの利用について。

目黒区の学童保育クラブでは、小学校1年前?3年生までの児童が学校からの帰宅後や夏休みなどの長期休暇に家庭で保育ができない場合に、その児童を預かります。保育ができない場合とは、保護者が仕事で不在であったり、病気であったり、介護をしているときなどです。保護者の出産などで短期利用をすることもできます。目黒区の学童保育クラブは公営と民営とがあり、利用するためには事前に申し込みが必要になります。利用希望者が受け入れ人数を上回ったときは、余裕のある近くの学区の学童保育クラブに入ることもできます。学童保育料はおやつ代を含めた月額制であり、兄弟で入るときや所得により減額や免除の制度もありますので申請をして下さい。実際の児童の利用方法は、学校から学童保育クラブ、学童保育クラブから自宅へは、児童自身で行いますが、帰宅時は保護者の迎えもできます。過ごし方は、指導員のもとで、育成室で勉強したり、遊んだり、おやつを食べたり、またホールでボール遊びなど体を動かしたりできます。また、学年やクラスの違う児童と触れ合う機会がたくさんあり、新しいお友達もできるので児童の成長を促すことができます。