学童保育というのは、小学校1年生から3年生までの間、学校の授業が終わった放課後から午後6時ごろまでの間、子供たちが過ごせる施設のことです。目黒区には26か所あり、学校が終われば学童へ行き、そこで年の違う子供たちと触れ合いながら時間を過ごします。こうした場所に行っている子の方が、同じ年齢でも早く成長するという面が見られることを考えると、働くためには子供を預かってもらう必要があるので、やむを得ないという考えから利用を検討したことが、子供の成長に一役買うことになるといえるでしょう。このくらいの年齢の子たちはいろいろなことをグングン吸収していきますので、年齢の異なるお友達との触れ合いから、子供なりに社会のルールや年齢による優位性、あるいは年下の子への配慮といったものを学んでいくのかもしれません。学童の利用機会のない子に比べると、明らかに経験を積めるのは確かです。

目黒区の学童も原則的に自由に

学童保育では、学校の授業が終わった放課後の時間帯、小学校1年生から3年生までの子供たちを預かってくれます。たいてい午後6時ごろまで面倒を見ていてくれますが、その間、子供たちは自由に過ごすことができます。学童に行っている間に宿題を済ませておこうと勉強している子もいれば、一人っ子の子にはお兄さん、お姉さんができたような気分になってうれしいのか、大喜びで遊びまわっている子もいます。目黒区でも、学校のように特に決まったルールはないとしている学童保育施設がほとんどですので、ここでは子供の自主性が養われるのではないでしょうか。学校ではみんなが同じようにする必要がありますが、学童でなら自由に過ごせばいいという区別を子供なりに認識するでしょう。その際、誰かの迷惑にならないようにすることだけは、しっかり親として教えておきたいところです。

目黒区の学童で子供たちも学びます

幼稚園や保育園から小学校に上がるということは、子供にとっても環境が大きく変わることだけに、子供なりに大変なのは間違いありません。そのうえ、親が働きに出る必要があれば、放課後は区域の学童へ通わせることになるというケースも多いでしょう。目黒区では、基本的に通っている小学校を基準にして学童保育施設が決められますので、学校のお友達と一緒になれる可能性が高くなります。親としては、小学生になったとはいえ、まだまだ幼い我が子にさまざまな新しい環境を押し付けるような気になるかもしれませんが、そうしなければならない以上、子供にもわかるように話して聞かせる必要があります。幼いなりに子供は理解し、学童に行くようになるでしょう。先生たちが見守ってくれますので、学校では学べないものを学んでくることは間違いないと思われます。